カヤックのインナーハッチ作成

夏目前、カヤックの整備が続きます。

今回はカヤックのインナーハッチ製作。
もう古いモデルのシーカヤックなどインナーハッチがボロボロになりますが
売ってるはずもなく作るしか選択肢はありません。

今回の生地はコーデュラ500、裏面はポリウレタンコーティングの防水仕様。
ケイビングスーツにも採用される耐摩耗性が非常に高い生地。
一反で買うと数万円するのでいつも切り売りで買っていますが1mなんと2300円。

強い生地は価格も強い・・・
良いものは良い値段です。

カヤックのインナーハッチ作成画像

まずは型取りから。
ハッチ寸法に合わせてゴムが入るようにするので縫い上がった時の仕上がり寸法が優先。
なのでハッチ径をマーキング。

カヤックのインナーハッチ作成画像

縫い代を残してカットします。
今回の縫製は三つ折りで縫うとカーブがきつく、素人の僕には難しいので二つ折りで縫います。
要は餃子のように片方の布にしわを寄せながら縫う。

カヤックのインナーハッチ作成画像

そんな画像を撮っていませんでした・・・

とりあえずハッチカバーを一周ぐるっとゴム紐入れるために縫っていきます。
縫い始めと縫い終わりは繋げてしまわず数センチ残しておきます。
その隙間からゴム紐、今回はデッキコードと同じ5mm径の物、それを通していきます。

すると上画像のようにシワシワになりますが、引き伸ばしてハッチにフィットするカバーが完成。
無くならないように結んでおくループも縫い付け。
そんなの無くならないよと思いますが、無くなるときはいつも予想外の原因で無くなるものです・・・


ついでにこれはカバーを外すときにも便利に使えるような場所へ取り付け。
これが無いと外すときに苦労します・・・

カヤックのインナーハッチ作成画像

ゴムは使ってるうちに一度伸びますのでそれが落ち着いたらバッチリです。

さて問題は耐久性。
生地の耐久性は申し分ありませんが、縫い糸が擦れて切れてくると思うのでそれは経過観察ですね。

カヤックのインナーハッチ作成画像

ちなみに今回のカヤックは今は無きナノックのプログレッソ、だったかな?

そしてこんなブログ、誰かの役に立つでしょうか・・・笑
ガイドはミシンも使えるという事にしておいてください。
シーズンオフでしたら製作依頼お受けします、クオリティーはさておき。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。